トップページ >  発毛促進剤(女性用)の豆知識 >  発毛促進剤と育毛剤の違い

発毛促進剤と育毛剤の違い


発毛促進剤とか育毛剤とかちまたには各種の商品が販売されていますから、どの商品を使ったらいいのかが分からない方がいるかもしれません。 発毛促進剤と育毛剤はどのように違うのでしょうか? 成分構成の違いです。

一般に頭皮・髪の効能成分の分類は、 男性型薄毛抑制、毛母細胞活性、血管拡張、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化 の10種類に当てはまります。 このうち、「発毛促進剤」は、毛母細胞活性、血管拡張への効能を主に狙ったヘアケア商品ということです。

また、「養毛剤」は、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解などの頭皮のコンディションを整える効能がメインです。 「育毛剤」は、タイプによりますが、発毛促進と養毛剤の間の性質を持った商品と考えてください。

発毛促進剤は髪の毛がすでに抜けてしまいなくなった方が使うのに効果が高い成分が入っていますから、髪の毛そのものではなくて、頭皮や毛母細胞に働きかけていきます。 髪の毛のはげは髪の毛ばかりに原因があるのではなくて、頭皮の部分や毛母細胞の働きが大きく関係しているからです。

毛母細胞と同時に、忘れがちですが頭皮のコンディションも非常に重要なものです。 一方の育毛剤は今ある髪の毛が健やかになるように、髪の毛も頭皮も同時にケアできる成分構成になっています。 髪の毛そのものにも効き目がある成分と、頭皮や毛母細胞の活性化もはかれる商品といえます。 よりはげがすすんでいて、自分の髪の毛がほとんどなくなってしまった方のケアには発毛促進剤を使って、頭皮や毛母細胞の働きをより高めてくれる成分が強い商品を使ったらいいでしょう。